企業で、オフィスや倉庫などを利用したい場合について

スペースの使い分け

賃貸事務所とレンタルオフィスの違い

賃貸事務所を直訳するとレンタルオフィスですが、賃貸事務所とレンタルオフィスは似て非なるものです。どちらもスペースを借りるという点では共通していますが、その点を除くと違いが多いです。 まず、賃貸事務所は契約できるスペースが大きくなります。レンタルオフィスは小規模向けです。そのため、起業初期などはレンタルスペースで構わなくても、少し事業が大きくなれば賃貸事務所を借りた方がいいでしょう。 また、料金体系も違います。レンタルオフィスは事務用品のレンタルが込みで安い料金設定のものが多いですが、賃貸事務所の場合は入居時の保証金負担も大きく家賃も高めです。その分、顧客に対して信頼をアピールすることや従業員の有利な採用につながります。

賃貸事務所の価格の相場

賃貸事務所と一言によって、立地が違いますし、広さが違うので一概にいくらとはいえないのですが、都市部は上昇傾向があります。景気がよくなってきていて、そして事業を始めようとする人が増えたり、或いは拡大する人が多くなっているからです。 貸事務所はリスクをかなり抑えられるのです。買うよりも遥かにリスクとしては低く、もちろん、数年契約であることもありますが、それでも購入するよりも負担が軽いです。 それに手狭になってきたら、違う賃貸事務所を借りればよいのです。賃貸事務所は確かに都市部を中心に賃料高騰の傾向がありますが、それでも有用なのは間違いなく、借りるメリットはあります。 賃貸事務所は、利便性を重要視して借りることです。