企業で、オフィスや倉庫などを利用したい場合について

倉庫での作業効率向上

倉庫オペレーションの鍵は作業員

倉庫オペレーションにおいて鍵となるのは、作業員です。作業員の作業効率を最大化することで、作業件数あたりのオペレーションコストを下げることができます。また、オペレーションの精度を高める点では、倉庫の自動化やバーコードシステム、ICタグシステムなどITの導入が役立ちます。管理者としては、作業件数や作業の正確性を数値化し、作業人員や作業チームごとに比較することで、ボトルネックの把握及び改善、作業者の評価基準に利用することができます。客観的な数値を評価基準に用いることで、評価の公平性を確保することで労働争議などを避けることが期待できます。また、作業員のモチベーションを管理する事も、労働争議を避ける上では重要となります。

盗難への日頃からの対策

倉庫作業においての問題として、盗難や紛失が挙げられます。盗難には外部からの盗難の他に、内部からの盗難もあります。特に労働争議が低調に終わった時や労働の質に対する外部から耳の痛い指摘が入った時などには、作業員のモチベーションが下がっており、一部の作業員の心に魔がさすことで盗難などが発生する事があります。盗難防止には日頃からの予防策が肝心となります。例えば、作業服からポケットを可能な限り減らす、倉庫内の作業エリアから外部に出る際には警備員のボディチェックを受けるようルール作りをする、などです。また、監視カメラでの監視や、管理者の現場巡回で作業中に不穏な動きが無いかのチェックを労働者にアピールすることも有効となります。